明治安田生命×J.LEAGUE

地元の元気プロジェクト
地元の元気プロジェクト

ブラックモンブラン​
(佐賀県小城市)​

九州地方のおやつの定番
「ブラックモンブラン」

1969年に初回製造された「ブラックモンブラン」は、竹下製菓の前会長がアルプス山脈の最高峰・モンブランから着想を得て、レシピ開発をしました。現在のパッケージは竹下真由社長が撮影した山の写真を使っています。
「ブラックモンブラン」は、さっぱりしたバニラアイスをちょっぴりビターなチョコレートでコーティングして、ザクザクとした食感をプラスするクッキークランチとピーナッツで仕上げています。
甘い香りに包まれた清潔な工場で「ブラックモンブラン」はつくられています。「食感や風味を楽しんでいただくため、できるだけつくり置きをせず、新しいものを店頭にお届けできるように努力しています」と竹下社長。
「ブラックモンブラン」のほかに「ビターチョコモンブラン」、「スペシャルブラックモンブラン」、「あまおう苺モンブラン」、「八女抹茶モンブラン」……など、季節限定品や数量限定品もありバラエティ豊か。九州と山口県のスーパーやコンビニを中心に展開しており、観戦や旅行などで訪れた際には店頭をチェックしてみては(関東圏の一部の店舗で取り扱いあり)。
「ブラックモンブラン」には当たりが付いていることも地元では有名です。70年ほど前に、キャラメルに当たりを付けたのがきっかけで、現在は「ブラックモンブラン」と「ミルクック」に当たりがあるそう。「食べた後にも楽しめる。そんなプチハッピーな経験も、今では貴重な気がしています。家の子どもたちはハズレでもスティックで遊んでいたり、これからも続けていきたいサービスです」と竹下社長は話します。
2020年には、サガン鳥栖とコラボした「サガン鳥栖アイスバー」を発売! レモン果汁を加えたサガンブルーのソーダアイスはさっぱりと爽やかで、サッカー観戦中や夏にぴったりの味です。

竹下製菓

住所:佐賀県小城市小城町池の上2500
電話番号:0952-73-4311

地元の元気プロジェクト

「地元の元気プロジェクト」

Jリーグをパートナーに全国のまちで、地元のみなさんと対話しながら、一緒に汗を流して地元の元気づくりに取り組んでいきます。