明治安田生命×J.LEAGUE

地元の元気プロジェクト
地元の元気プロジェクト

ます寿司​
(富山県富山市)​

富山の風土が育んだ押し寿司
将軍も賞賛した富山の銘品

富山県を代表する名物。木製の曲物の底に放射線状に笹を敷き、酢飯とマスの切り身を使った押し寿司の一種。熟練した職人が新鮮なマスを手際よくおろし、その日の気候や魚の状態に合わせた塩加減で素早く塩を打って作られます。ます寿し、ますの寿し、鱒の寿司など表記はさまざまですが、すべて同じものを指します。
ルーツは、江戸時代半ば、料理人でもあった富山藩士の吉村新八が3代目藩主・前田利興に献上した「鮎寿司」。これを気に入った藩主が、食通で知られる八代将軍・徳川吉宗に献上したところ賞賛を受けたことから、富山藩の献上品になりました。その後、神通川を遡上してきたサクラマスを使用して「鱒寿司」が作られるようになり、今では全国的に駅弁やお土産としても親しまれています。
現在、県内には約40のメーカーや店舗があり、塩や甘みの加減、マスの厚み、酢飯の味付けや粘りなど各店ごとに特徴があるので、食べ比べもおすすめ。なお、「ますのすし本舗 源」の「ますのすしミュージアム」では、1週間前までに要予約で「ますのすし手作り体験」を行っています。

ますのすし本舗 源

住所:富山県富山市南央町37-6
電話番号:076-429-3100
営業時間:9:00~17:00

地元の元気プロジェクト

「地元の元気プロジェクト」

Jリーグをパートナーに全国のまちで、地元のみなさんと対話しながら、一緒に汗を流して地元の元気づくりに取り組んでいきます。