明治安田生命×J.LEAGUE

地元の元気プロジェクト
地元の元気プロジェクト

佐藤養助 総本店 稲庭うどん​
(秋田県湯沢市)​

秋田の殿様も舌鼓
一子相伝の名物・稲庭うどん

秋田グルメの代表格・稲庭うどんは、日本三大うどんのひとつ。江戸時代、地元産の小麦を使った特産品として作られたのが原型です。佐藤吉左エ門が研究と改良を重ねて、1665年に今日の姿になりました。その後、地元の久保田藩藩主・佐竹氏御用達となり、製法は長らく一子相伝の門外不出になったそうです。1972年、「佐藤養助商店」の7代目がその秘法を広く公開。そのおかげで、殿様も気に入った絹のようになめらかな舌触りを、秋田県のいたる所で気軽に味わえるようになりました。
「稲庭うどんを味わうなら、ぜひ冷やしでつるつるの喉ごしを楽しんでほしい」という、佐藤養助 総本店、樋口さんのおすすめは「二味せいろ」。箸ですくいやすいようにと、品よく2束に分けて盛られています。しっかりとしたコシのあるうどんが、のどをするりと通り抜ける気持ちよさがたまりません。つけダレは、スタンダードな醤油ベースと、くるみが入ったオリジナルのごま味噌。2つの味を食べ比べていると、120gの麺もぺろりと食べられます。地元漬け物店から仕入れる、いぶりがっこの香ばしさも楽しんでください。

佐藤養助 総本店

場所:秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80
電話番号:0183-43-2911
営業時間:9:00~17:00、飲食店11:00~17:00、工場見学9:00~16:00
定休日:無休

地元の元気プロジェクト

「地元の元気プロジェクト」

Jリーグをパートナーに全国のまちで、地元のみなさんと対話しながら、一緒に汗を流して地元の元気づくりに取り組んでいきます。