明治安田生命×J.LEAGUE

地元の元気プロジェクト
地元の元気プロジェクト

FC東京

FC東京選手 ©F.C.TOKYO

2020/10/05

みんなの地元魅力紹介「東京編」
都会からすぐの癒やしスポット

“湧き水”と共に発展した文化と自然の街、調布・府中・三鷹

地元の魅力を紹介していく第4回目は、FC東京を代表する三田啓貴選手とともに、地域ならではのグルメやスポットを訪ねます。

FC東京の本拠地「味の素スタジアム」がある調布市は、良質な湧き水が出ることから、新鮮な水をフィルム現像に用いて「映画の街」として栄えてきました。お隣の府中市は、人気漫画「ちはやふる」の舞台として聖地巡りスポットに。三鷹市には「三鷹の森ジブリ美術館」もあり、カルチャーが根付くエリアとなっています。若者の街・吉祥寺からほど近い距離で、思わずホッする緑に囲まれた癒やしスポットもいっぱいです。

東京都を本拠地とする
初のJリーグチーム

東京

「青赤軍団」と親しまれるFC東京。前身となる「東京ガスサッカー部」から数えると80年以上の歴史を誇ります。三田選手は世田谷区出身のまさに生え抜き。アカデミーの頃からFC東京の下部組織に所属し、2013年にプロデビュー。他チームでも実力を磨き、2019年夏に復帰。さらなる活躍でファンを熱狂させています。

三鷹で行列ができるパン屋さん
「トーホーベーカリー」

トーホーベーカリー

今回最初に訪れたのは吉祥寺・井の頭公園からも近い、三鷹の「トーホーベーカリー」。100種類以上のパンを揃え、定番はもちろん、季節ごとに変わるパンも魅力です。この日も栗や芋を使った秋らしい調理パンが並んでいました。「早朝から夕方近くまで、時間ごとに違うパンが焼き上がり、いつでも出来立ての感動をお届けしています」と話すのは、店長の松井成和さん。

創業60有余年、親子3代で“街のパン屋さん”を営むうちに、地元の人たちとのつながりも強くなったとか。「まちづくり事業に参加して作った『みたかラスク』は、トマトやほうれん草など、三鷹でとれる季節の野菜を使っています」と、地元に根付くベーカリーとして三鷹を盛り上げています。

おいしさとワクワクが溢れる
売れ筋ベスト3はコチラ!

売れ筋ベスト3

「GOLD塩バターロール」は、週末にはなんと1,500個も売れる、トーホーベーカリー1の人気商品。「フレッシュバターを使うことで、裏側に染み出たバターが口の中でジュワッと広がり、クセになると好評です」と松井さん。

大きめの牛肉がゴロリと入った食べ応え抜群の「自家製サクサクカレーパン」や、手だきで丁寧に仕上げたクリームが一口目から溢れ出す「ふんわりとろけるクリームパン」も人気ベスト3の常連です。

モーニングルーティーンも変更?
三田選手の一押しパンは?

GOLD塩バターロール

人気ダントツ1位を誇る「GOLD塩バターロール」は三田選手もお気に入り。「まさにトーホーベーカリーさんの看板メニューですよね。朝はバランスよく食べることにこだわっていて、トーストにスクランブルエッグや100%ジュースを合わせることが多いです。ただ、このお店に寄った時は、迷わず塩バターロールですね。 いつもとは違う朝食を楽しんでいます」。

三田選手 ©F.C.TOKYO

さらに三田選手がオススメするのは、子どもにも大人気のパンダパン。「ほどよい甘さもさることながら、見た目も可愛くて、奥さんもお気に入りです」と家族でゾッコン。「お客さんをワクワクさせたい、驚かせたい!」という店長・松井さんの想いが込められています。

三田選手 ©F.C.TOKYO

トーホーベーカリー

  • 場所:東京都三鷹市下連雀1-9-19​
  • 電話番号:0422-43-6311
  • 営業時間:7:00~19:00
  • 定休日:日祝日(ほか不定休あり)

三田選手が心癒やされた
緑あふれる名刹、深大寺

深大寺

西東京の散策スポットとして名高い深大寺(じんだいじ)は、「味の素スタジアム」と同じく調布市にあるお寺。歴史ある建築物や四季折々の美しい景観に囲まれ、毎年3月に行われる「だるま市」のほか、年間通じて多くの観光客が訪れます。「東京でも緑の多い場所を何カ所か知っていますが、ここはお寺を中心に自然が豊か。隣には神代植物公園もあって、リラックスできるスポットですよね」と三田選手。

天台宗別格本山 深大寺

  • 場所:東京都調布市深大寺元町5-15-1​
  • 電話番号:042-486-5511
    (対応可能時間 : 9:00~17:00)

約20店舗が個性を競う
名物グルメ「深大寺そば」

深大寺そば

調布の湧き水が育んだ「深大寺そば」は江戸時代から愛される名物グルメ。参道付近には風情のある蕎麦屋がズラリと並んでいます。「まだ奥さんとお蕎麦を食べに行けていないので、練習がオフの時にゆっくり訪れたいです!」と三田選手。澄んだ水を使うことではっきりと感じられる蕎麦の旨味を、それぞれのお店で食べ比べできるのが深大寺そばの魅力です。

参道に入ると最初に目に入る「深大寺そば 鈴や」の店主の鈴木良明さんは、FC東京の大ファン。特に味の素スタジアムができたばかりの頃は、仕事終わりには毎週のように通っていたとか。人気メニューの「天ざるそば」は蕎麦の喉越しがよく、キリッと締まったつゆとの相性抜群。有名店で修行を積んだ息子さんが作るサックリ・ホクホクの天ぷらも絶品です!

深大寺そば 鈴や

  • 場所:東京都調布市深大寺元町5-13-4
  • 電話番号:042-482-8904
  • 営業時間:10:30~16:00
  • 定休日:金曜

加入1年目から三田選手が訪れる
パワースポット、大國魂神社

大國魂神社

武蔵国の守り神として祀られる府中市・大國魂神社。毎年2月に開催される節分祭にはFC東京の選手も参加。加入した年の豆まき式に出席した三田選手は、当時のことを今でもよく覚えているとか。「たくさんの方から、応援しているよ!と熱い声援をいただき、チームに貢献してみなさんの期待に応えたい、東京を盛り上げたい、と強く思いました」。

後藤勝 ©後藤勝

「大きな鳥居や長い参道などを前にすると、地元の方からパワースポットと呼ばれていることも納得です」と三田選手が語る通り、そこに立つだけでもピリリと心が引き締まるよう。三田選手が「個人的に好きな場所です!」と話す。東京競馬場とあわせて、府中を代表するスポットとなっています。

大國魂神社

  • 場所:東京都府中市宮町3-1
  • 電話番号:042-362-2130
  • 開門時間:6:30~17:00(9月15日~3月31日)
        6:00~18:00(4月1日~9月14日)

PROFILE

三田 啓貴 ©F.C.TOKYO

三田 啓貴 MITA HIROTAKA

背番号
7
ポジション
ミッドフィルダー
身長・体重
173cm/65kg
出身地
東京都
前所属チーム
ヴィッセル神戸
TOPへ戻る