明治安田生命×J.LEAGUE

地元の元気プロジェクト
地元の元気プロジェクト

大宮アルディージャ

大宮アルディージャ選手 ©1998 N.O.ARDIJA

2020/10/28

みんなの地元魅力紹介「大宮編」
住みたい街ランキング急上昇!

東京からも好アクセス、首都圏「北の玄関口」

地元の魅力を紹介していく第8回目は、大宮アルディージャを代表する大山啓輔選手とともに、本拠地・大宮周辺の人気スポットや特産品をご紹介します。

東北新幹線の開通以来、首都圏「北の玄関口」として栄える、さいたま市大宮区。東北(北海道)・秋田・山形・上越・北陸と、5方面に伸びる新幹線のほか東京からも好アクセス、住みたい街ランキングでも順位を上げています。大山選手曰く「大宮駅周辺は美味しい飲食店やイベント施設もあり発展する一方で、地元ならではのお店もあり、温かみも感じることができる街。まさに都会とアットホーム感のハイブリッドです!」とのこと。

地域社会とともに歩み
J1昇格を目指すオレンジ軍団

大宮駅前

NTT関東サッカー部を前身とする大宮アルディージャは、サッカーを通じて地域社会のより良い発展に貢献することをその理念としています。クラブ名の「アルディージャ」はスペイン語でリスのこと。リスはクラブ設立当時の大宮市のマスコットでもあります。

大宮アルディージャジュニアの1期生である大山選手は地元・さいたま市の出身。2014年にプロデビュー。今年は「2020明治安田生命J2リーグ 8月度月間ベストゴール」を受賞し、熱いプレーと郷土愛でチームと大宮を盛り上げています。

緑に包まれた聖域
武蔵一宮 氷川神社

武蔵一宮 氷川神社

「武蔵一宮 氷川神社」は、巨大ターミナルとして賑わう大宮駅から徒歩約10分のところにある、緑に囲まれた神聖なスポット。大山選手も毎年初詣に来ているそうで「神社そのものの壮大さに訪れるだけでもパワーを貰えます」とのこと。また、普段は静かで厳かな境内も「お正月やお祭りのときには大勢の人で賑わって、活気に溢れています!」と、その盛況ぶりを語ります。日本一長いともいわれる参道は約2kmもあり、お祭りや初詣の際には出店でいっぱいになります。

祭神スサノオの神紋をいただく
アルディージャのユニフォーム

祭神スサノオの神紋

武蔵一宮 氷川神社は2400年以上前に創建された由緒ある神社で、主な祭神は”八岐大蛇(やまたのおろち)”を退治したとされる英雄、須佐之男命(すさのおのみこと)。神紋の八雲紋は大宮アルディージャの新ユニフォームのモチーフにもなっています。この八雲紋は横浜・山下公園に係留されている氷川丸の船内装飾にも見られます。船内の神棚に氷川神社の御祭神が祀られた氷川丸は戦時中、そして戦後も幾多の危機を乗り越えたことから強運の船とも呼ばれています。

選手たちのサイン入り
必勝祈願の巨大絵馬!

必勝祈願の巨大絵馬

大宮アルディージャの監督や選手たちは毎年シーズン前に氷川神社を訪れ、必勝祈願を行います。その際に奉納した、選手たちのサイン入り特製巨大絵馬は境内で見ることができます。2月に行われる節分祭には、クラブマスコットのアルディが毎年参加。舞殿での撒豆式にも加わって災厄を祓うとともに、参拝に訪れたファンとふれあう機会にもなっています。

大宮公園

氷川神社のすぐお隣「大宮公園」は、春には桜が咲き誇るお花見の名所。広々とした敷地には博物館や小動物園、子供向けの遊具などもあり、市民の憩いの場となっています。併設のサッカー場は、2007年に大規模な改装工事を経て大宮アルディージャのホームスタジアム「NACK5スタジアム大宮」として生まれ変わり、選手たちが熱戦を繰り広げています。

武蔵一宮 氷川神社

  • 場所:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
  • 電話番号:048-641-0137
  • 受付時間:9:00~16:00

“オール埼玉”の食材で作る
栄養たっぷり小松菜うどん

栄養たっぷり小松菜うどん

埼玉県は、穏やかな気候や肥沃な土壌などに恵まれ、農産物の栽培がさかん。中でも、小松菜の生産量は全国でもトップクラス。県の名産品である小松菜を生かした地元グルメが、さいたま市のお隣・蓮田市に本社を構える『翁の郷』の「島田造り小松菜うどん」(乾麺)です。

「小松菜は、ビタミンAや鉄分が豊富で栄養価の高い野菜なんです」と副社長の神田広人さん。昭和29年創業の麺づくりの技術に、野菜の栄養が加わりました。もちろん、無添加&無着色。食欲をそそる彩り鮮やかなグリーンは小松菜そのものの色。舌ざわり、のど越しともにさわやかで、野菜嫌いなお子さんでもツルッと食べられそう。

小麦、小松菜、“オール埼玉”の素材で作られた小松菜うどんを「埼玉の名物として広めていきたい」と神田さんは語ります。

ファンフェス限定で
大山選手とコラボメニューも!

ファンフェス限定大山選手コラボメニュー

大山選手の立て看板と神田副社長イベントで登場した大山選手の立て看板と神田副社長

翁の郷は、大宮アルディージャのファンフェスティバルも協賛、会場でファンに美味しいうどんを提供するなど、地元企業として様々なサポートを行っています。「2019年のファンフェスティバルでは、大山選手自らメニュー作りに加わってくれました」と神田さん。大山選手が大好きだという、スンドゥブ風味のつけ汁を使ったうどんを振る舞ったところ、大好評だったとか。

また、過酷なトレーニングで栄養補給が必須の選手のために、うどんの差し入れも。「サッカー選手は試合前、1日4食食べなければならないこともあります。うどんは手軽に食べられることもあり、選手たちのエネルギー源になってくれればうれしいですね」と神田さんは語ります。

翁の郷では自慢のキッチンカーも用意し、今後もチームを支えていくそうです。

豚肉のうま味がたっぷり!
埼玉伝統の肉汁うどん

埼玉伝統の肉汁うどん

創業以来、麺づくり一筋の翁の郷。商品は直売所での販売がメインですが、電話注文・オンラインショップで購入することもできます。

独自の低温調湿乾燥で仕上げられた「島田造りめん」は、なめらかな口当たり、豊かな弾力、のど越しの良さが特徴。うどんのほか、そば、ひやむぎ、中華めんなども揃っています。中でも、水でしめたうどんを豚肉と長ネギを煮込んだ温かいつけ汁でいただく「肉汁うどん」は、古くから埼玉県で食べられてきた伝統食。豚肉のうま味が濃厚な、翁の郷人気商品のひとつです。

翁の郷直営店

  • 場所:埼玉県蓮田市大字閏戸280
  • 電話番号:0120-8733-07
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:火曜

PROFILE

大山啓輔©1998 N.O.ARDIJA

大山 啓輔 OYAMA KEISUKE

背番号
15
ポジション
ミッドフィルダー
身長・体重
174cm/67kg
出身地
埼玉県
前所属チーム
大宮アルディージャユース
TOPへ戻る