多分驚くことと思いますが、バカラは実際に世界で最も幅広くプレイされるカジノゲームです。西洋ではブラックジャックやルーレットの方が広く行われているという好みにかかわらず、バカラは、日本では断然成功を収めていて、これがグローバルなエッジを与えています。

あまりピッタリと来るタイトルではありませんが、「考える人」のゲームであるとよく呼ばれます。これは起こることをプレーヤーが一切コントロールできないためです。ですから控えめに言っても紛らわしい呼び名なのです。

多くの人は、他のギャンブルゲーム同様にこのゲームはフランス由来だと思っていますが、バカラは、実際には「Tarrochi」として知られていた14世紀のイタリアに遡ることができます。この古代のゲームが現在のバカラゲームの創作の基盤となっていると言われていますが、2つのゲームがとてもよく似ているという以外にこれに関しては確固たる証拠はありません。

もちろん14世紀にはパソコン画面の後ろでライブバカラがストリームするなんてまったく想像できなかったと思いますが、今、私たちが集中しているのはまさにそれなのです。バカラカジノはシンプルなゲームですが、今までに一度もプレイしたことがないなら、ここでは基本をカバーしないので、私たちの記事の「バカラのプレイ方法:について読んでみたいかも知れません。

ライブバカラの仕組み

以前ライブカジノをプレイしたことがある人なら、ライブバカラ読み込み後に見るインターフェースに馴染みがあるでしょう。ですが、ここにはいくつか異なるオプションがあるほか、ゲームに特化していることがあります。

このガイドで使用しているバージョンはEvolution Gaming社のものですが、他の開発者のゲームもとても似たような外観です。

バカラはテンポの速いゲームで、ライブカジノのそれぞれの新しいラウンドは賭ける時間に始まります。

続く時間はわずか15秒ですが、基本的に賭けるのに2値の選択肢がある(タイに賭けることはお薦めしません)ので、十分な長さです。

そこで追加オプションをいくつか見ることができます。それはペアを配られたプレーヤーまたはバンカーのいずれかのサイドベットです。外れる見込みが少なくなっているので、もっと良いオッズでペイアウトします。これらを使用する必要はなく、カジノサイドベットには珍しく、そうしたいと思えばメインのゲームに賭けることなくこれらのオプションに賭けるだけという選択をすることができます。

部屋にいる他のプレーヤーがやっていること、テーブルにいくらあるのかも見ることができます。

賭け時間が終わると、賭けエリアは縮んでもう賭けることができなくなります。ディーラーは、その後に最初の4枚のカードを引き、そのカードを見せるためにカメラがクローズアップされます。

結果も賭けボードに表示されるので、スコアを追跡し続けることができ、新しいカードが引かれるとこのスコアはすぐに更新されます。

ゲームの最後の勝者が知らされ、賞金は自動的に自分の賭けアカウントに戻され、新しいラウンドが始まります。

すべてのプロセスは1分のかかわらず、カードを引く必要性がもうないままで勝つ時には時間がもっと短くなることが多くなっています。


0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder

Your email address will not be published.